モバイルファースト

2013年スマートフォンの出荷台数がPCを抜いており、さらに2015年にはタブレットの出荷台数がPCを抜くと予想されております。そのためサイトの目的や役割によってはモバイルファーストを第一にホームページの構築を考える必要があります。モバイルでホームページを見るという事はPCで見るのとは違うので、余計な情報を削ぎ落とし必要な情報をいかにスムーズに取得できるかが重要となります。

制作費用と期間を削減

PC用、スマートフォン用、タブレット用のホームページを用意する場合は、単純に計算すると制作費用や期間が3倍になってしまいます。また、コンテンツを更新する場合も同様にコストが発生してしまいます。CMS(コンテンツ管理システム)を使用する場合も、デバイスごとに調整する必要があり、新しいデバイスの登場に柔軟に対応することができません。レスポンシブWebデザインの場合は、1つのホームページで完結するので、デバイスごとにコストが発生いたしません。
>> レスポンシブデザインについて

Webアプリケーション

Webアプリケーションとは、ホームページを制作する技術を使って開発されたアプリケーションソフトウェアのことで、GmailやGoogle Mapsなどのように、Webブラウザ上で動作します。弊社ではスマートフォン/タブレットに適応したWEBアプリの開発を得意としています。スマートフォン/タブレットは、タッチでの操作になるので、PCのマウス・キーボード操作には無い操作があります。その上でユーザーが使用しやすいUI設計を行いご提案させて頂きます。

フロアガイド・カタログ用WEBアプリ

iPadの見栄えの良さを生かした店頭でのフロアガイドコンテンツや、商品のカタログとして利用するための販促用のWEBアプリケーションを開発。
某商業施設等でiPadのWebアプリ(フロアガイドコンテンツ)の制作実績があります。数ページから何千ページもの規模に及ぶものまで対応しており店舗にはWifiなどのネットワーク環境がない状態でも観覧できます。閉店時間になると画面が自動で消灯し、開店時間になると自動で点灯するよう設定が可能です。

お見積りやご相談はフォームより
お気軽にご連絡ください。

お問い合わせ

お見積り・お問い合わせ